英語学習奮闘記

4歳児と1歳児双子娘の育児と英語勉強両立。英検1級。

Intelligence Quotient/Developmental quotient

8月末にとってもショックなことがあり、勉強も手につかなくなり、というか食欲もなくなって更新ができませんでした。

今回の事件?はなかなかショックだったです。

結局は私の考えすぎ、だったようなのですが。

保育園での面談で息子の幼い点を指摘され、そのうち市の発達検査を受けてみたら、とアドバイスされ(もしくはただ相談にいってみる?)仰天しました。

ようはこの発達検査やそれにまつわる相談というのは、乳児健診でひっかかった子がいくようなところなんですね。
たとえば、言葉が話せない、、、など。

で、息子は1歳半検診のとき、言葉が若干遅く、そこを指摘されたのですが現在人並みに喋っています。
でもほかの点、落ち着きがなかったり、selfishなところがあったり、指示が通りにくかったり。。。このような点を指摘されました。

で、ソッコー市の保健センター(めっちゃ近所)に連絡。実は最近発達検査を受ける子の数はとても多いらしく、キャンセル待ちとのこと。
でも私は心配で心配で、毎日電話をかけ、必死さをアピールし、先日うけてきました。いわゆるK式発達検査です。

結果は後日郵送なんですけど。。。

この発達検査というのはDQを調べます。DQというのはDevelopment quotientで発達指数というものです。

------K式発達検査-------------------------
『姿勢・運動』 『認知・適応』 『言語・社会』 の3分野に分け数値を出します。
この検査法はIQでの算出ではなくDQと言われる発達指数で出されます。ですので、知能指数・知能検査とは言わずに発達指数・発達検査と言います。
課題が別れているので、何が得意で何が不得意かの問題点も見やすい
発達指数(DQ)=発達年齢(DA)÷生活年齢(CA)×100
-------------------------------------------------

息子はもしかしたら、障碍者なのかもしれない。。
軽度知的障害なのかもしれない。いままで気付かなかったけど。。てかほかの子とあんまり比べたことなかったしな。。。
どうしよう。もしそうだったら療育が必要なはずだけど、どう動けばいいだろう、、、
これから双子も産まれるのにどうすれば。。。

とずっと悩んでいました。

アメリカ人友SやRain先生(心理学を学んでました)にも”自閉症とかアスペルガーとかだったらどうしようか。。(泣(泣”
とずっと相談に乗ってもらってました。。ちなみに、私はド素人なので、自閉症アスペルガー、がどのようなものなのか、はネットでリサーチしたくらいしか知りません。

ちなみに、後日息子の担任と話した時には、知的障害を疑っているわけではない、と一蹴され、私のとりこし苦労だったのですが。。。
でも、検査を受け、かなりの凸凹が見つかりました。

たとえば、現在2歳11か月の息子は言葉、運動は人並み。色の認識、形の認識については4歳レベル。。。だったのですが。。。
コミュニケーションスキルは1歳代でした。これが問題だったのです。

ということで保育園と保健センターが連携して、息子にちょっとspecial attentionをかけてくれることになりました。。ありがたやー
それと同時に、私も親としてもっと時間をかけて彼とあそんだりするよう、アドバイスされました。

さて表題、今回息子がテストをうけ、評価されたのはDQで、IQをもし図るとしたらもう少し大きくなってからだと思うのですが。。。。IQのQってquontientなんですね。
指数とか比率とか意味があります。しかも発音は”クーシャン”。いままでIQのQってなんだ?なんて考えたことなかったので勉強になりました。