英語学習奮闘記

4歳児と1歳児双子娘の育児と英語勉強両立。英検1級。

The Economist 100本 英和訳マラソン 18

Moldova’s economy
Gutted
モルドバの経済:国の崩壊
*モルドバ経済:欧州最貧国を揺るがす銀行不祥事

A banking scandal is set to bankrupt Europe’s poorest country
銀行の不祥事はヨーロッパの最貧国を崩壊させるだろう
//be set to:~する予定だ、する見込みだ

WHEN Alina, a Moldovan student, had her bank card rejected by a cash machine last week, her first thought was to wonder whether the bank had quietly gone under. Happily, the cause was a fleeting technical glitch-but her reaction was not far-fetched. The country’s financial system is limping badly. In November, thieves stole $1 billion from Moldova’s three biggest banks through a series of fraudulent loans and transfers. Moldova, sandwiched between Romania and Ukraine, is the poorest country in Europe; the theft amounted to more than an eighth of GDP. It has set in train a series of events that will leave the government unable to pay salaries by the end of the summer, according to the recently departed finance minister.
先週、ATMで銀行のカードが拒否されたとき、モルドバの学生アリーナが最初に考えたことは、同銀行が密かに倒産したのかもしれない、ということだ。うれしいことに、原因は一時的な技術的障害であったが、彼女の反応は無理も無い。同国の金融システムはひどく傾いていってるのである。昨年11月には一連の不正ローンや送金を通して、同国最大銀行3行から10億ドルが盗まれている。ルーマニアウクライナに挟まれた国モルドバはヨーロッパ一まずしい国だ。窃盗による合計額はGDPの8分の1以上にも上る。最近亡くなった金融大臣によると、この夏の終わりまでに政府を給料を払えなくなる状態に追い込むような出来事が起こり始めている、ということだ。
*モルドバの学生のアリーナさんが先日、キャッシュカードの利用をATMに拒絶された時、最初に思ったことは、銀行が知らない間に破綻したのだろうかということだった。幸い、原因はほんの束の間の技術的障害だった――だが、彼女の反応はとっぴなものではなかった。この国の金融システムは、ひどく揺らいでいる。昨年11月、複数の窃盗犯が一連の不正融資や送金によってモルドバの3大銀行から10億ドルを盗み取ったからだ。ルーマニアウクライナに挟まれたモルドバは、欧州で最も貧しい国だ。今回盗まれた金額は、モルドバ国内総生産GDP)の8分の1を超えている。最近辞任した財務相によると、この事件は一連の出来事の発端となり、政府は夏の終わりまでに給与が払えなくなるという。
//fleeting:はかない
//far-fetched:もって回った、こじつけの、不自然な、無理、とっぴな
//limp:のろのろ歩く、揺らぐ
//set in train:手はずを整える、開始する、の引き金になる
//departed:亡くなった、辞任した

The fraud left the three banks insolvent, so the National Bank of Moldova, the central bank, has taken them over, injecting 12.5 billion Moldovan lei ($660m) in new capital. It did not have such a sum to hand, however-it had to create it. The huge expansion of the money supply caused inflation to double to 8% and the currency to drop. It has fallen by 20% against the dollar this year.
この不正行為により同3銀行は破綻した。そこで中央銀行であるモルドバ国営銀行が新資本で125億モルドバレイ(6億6千万ドル)を投入し、同3行を引き継いでいる。モルドバ国営銀行はこのような大金を保有していなかったのだが、なんとしてでも賄わなければならなかった。この多額の通貨供給拡大により、インフレが8%に上がり、通貨の価値は下落した。モルドバレイは今年USドルに対して20%弱くなったのだ。
*詐欺事件の結果、3大銀行が支払い不能状態に陥ったため、中央銀行であるモルドバ国立銀行が新規資本として125億モルドバレイ(6億6000万ドル)を注入し、これらの銀行を管理下に置いた。 だが、中央銀行にはそんな額の資金がなく、マネーを作り出すしかなかった。マネーサプライの急拡大は、インフレ率を8%まで2倍に上昇させ、通貨を下落させた。モルドバの通貨は今年、対ドルで20%下落している。

In response to the jump in inflation, the central bank began raising its benchmark interest rate sharply. It has vaulted from 8.5% in January to 15.5% now. That, along with the addled state of the banks, is causing businesses to rein in their investments.
このインフレーションの急上昇に対応して、同中央銀行金利の標準価格を急激に上げた。この標準価格は1月の8.5%から現在15.5%まで跳ね上がり、混乱した銀行の状況と相俟って、企業は投資を控えるようになっている。
*インフレの急騰に対応し、中央銀行は基準金利を一気に引き上げ始めた。金利は1月の8.5%から現在15.5%に上昇している。金利高騰が銀行の混乱状態と相まって、企業に投資を抑制させている。
//benchmark rate:標準価格
//vault:跳ねる
//addle:腐る、混乱させる

It does not help that Russia, one of Moldova’s biggest trading partners and source of almost $800m in remittances from Moldovan workers last year, is facing an economic crisis. Russia’s recession has caused Moldova’s GDP growth to fall by 4.6 percentage points, the World Bank reckons. That accounts for a big part of the economy’s reversal from growth of 5% in 2014 to a contraction projected at 2% this year.
モルドバの最大の貿易相手国であり、昨年モルドバ人の約8千万ドルに送金元であったロシアが経済危機に面していることも事態を悪くさせている。世界銀行によると、ロシアの不況のおかげでモルドバGDP成長率は4.6%ポイント下落した。同国の2014年における5%の成長率から今年の2%の縮小見込みへ逆戻りの主な原因はロシアの不況である。
*モルドバにとって最大の貿易相手国の1つであり、昨年実績でモルドバ人出稼ぎ労働者からの8億ドル近い送金の源泉になっているロシアが経済危機に直面していることもマイナスに働いている。世界銀行の試算では、ロシアの景気後退はモルドバGDP成長率を4.6ポイント下振れさせ、モルドバ経済が2014年の5%成長から一転して今年2%のマイナス成長になると予想される大きな要因になっている。

In addition to all these disasters, the country is in the grip of political upheaval. The prime minister, Chiril Gaburici, resigned in June after state prosecutors and fellow politicians accused him of forging his high-school diploma. A replacement was only agreed this week.
これらの災難に加え、同国は政治的混乱に陥っている。今年6月、州検事と同僚の政治家に高校卒業証明書捏造のかどで告訴された後、
チリル・ガブリッチ首相が辞職した。次期首相は今週決まったばかりだ。
*こうした惨事に加え、モルドバは政治的激変にも見舞われている。キリル・ガブリッチ首相は、国の検察官や同僚の政治家たちから高校の卒業証書を偽造したと非難された後、6月に辞任した。後継首相は7月末になって、ようやく同意された。
//in the grip of:~につかまれて、~に捕らえられて、~に支配されて

Meanwhile, many of the foreign countries and international agencies that bankroll Moldova’s government say they are suspending assistance until it gets to grips with corruption and mismanagement in the financial sector. The European Union was the most recent donor to pull out, announcing on July 5th that it was freezing its ?40m ($44m) aid programme. The World Bank has stipulated that it will resume lending only if the three stricken banks are closed, since it considers them open targets for future fraud, even in the hands of the central bank.
一方、モルドバ政府に資金を出している多くの諸外国及び国際機関は、同国が金融セクターの退廃と管理ミスを制するまで援助を打切ると言う。一番直近では、7月5日に40万?(4400万ドル)援助プログラムを凍結させると発表し、EUが手を引いた。また世界銀行は、同国の被害にあった3銀行が業務を停止した場合に限って援助を再開すると決めた。というのは、同行はこれら3行は中央銀行の手中にあっても、将来、簡単に不正のターゲットになると考えているからだ。
* 一方、モルドバ政府に資金を供給している諸外国や国際機関の多くは、政府が金融セクターの腐敗と不適切な管理の解決に真剣に取り組むまで、支援を停止すると言っている。欧州連合(EU)は一番最近手を引いた資金提供者で、4000億ユーロ(4400万ドル)の支援プログラムを凍結すると7月5日に発表した。世界銀行は、被害に遭った3行が閉鎖された場合に限って、融資を再開すると明言している。たとえ中央銀行の管理下にあっても、3行は今後の詐欺の絶好の標的になると考えているためだ。
//bankroll:資金を出す、スポンサーになる
//stricken:傷ついた
//get to grips with ~(~に)取り組む

The government relies on concessionary loans and aid to plug its deficit, which is projected to be 7% of GDP this year. The loss of tax revenue caused by the recession will only make the shortfall grow. The government has slashed spending, disbursing 20% less than planned in the first five months of the year and freezing all investment projects from July. Two public hospitals in the capital, Chisinau, briefly closed all departments except emergency services and surgery earlier this year. Suspending basic services, however, will only exacerbate Moldova’s problems.
同政府は今年のGDPの7%と予測されている赤字を抑えるため、譲与的条件貸付と援助に頼っている。不況によって失われた税収はその不足を助長させるだけだ。
政府は今年の5月までの支出を予定されていたものより20%少なくし、7月からのすべての投資計画を凍結させるなどして、出費を抑えてきている。今年初め、首都チシナウにある2軒の公立病院は一時的に救急サービス及び手術以外すべての科を閉鎖した。しかし基本的なサービスの停止はモルドバの問題を悪化させるだけだ。
*モルドバ財政赤字は今年GDPの7%に達すると見られており、政府は赤字の穴埋めを低利融資や支援に頼っている。景気後退による税収の喪失は、不足額を膨らませる一方だ。政府は歳出を削減しており、今年1~5月には支出を計画より20%減らし、7月以降はすべての投資案件を凍結している。首都キシナウの2つの公立病院は今年、救急サービスと手術を除くすべての部門を一時的に閉鎖した。だが、基本的なサービスを停止することは、モルドバの問題を悪化させるだけだ。
//concessionary loan:譲与的条件貸付
//disburse:支出する、分配する

It is not clear that the country’s political elite has much interest in sorting out this mess. It was not until April that much information about the bank scandal became public, after the speaker of parliament leaked a report on the crime by Kroll, a security firm. The judiciary is not strong enough to clamp down on corruption. A week before Mr Gaburici stepped down, he called for the chief prosecutor to resign over his failure to act on the bank scandal.
同国のエリート政治家がこのカオスを解決することに興味を持っているかは疑問だ。この銀行の詐欺事件も、警備会社クロールによる同事件に関するレポートが4月に国会の演説によって漏らされて初めて公にになったくらいだ。司法組織は汚職を取り締まれるほど強くも無い。ガブリッチ首相が辞任した1週間後、彼は主任検事をこの銀行詐欺事件について怠慢だったとして辞職を求めた。
*モルドバの政界のエリートがこの混乱を収拾することに大きな関心を持っているかどうかは定かではない。4月になるまで銀行スキャンダルに関する多くの情報が公になることはなく、ようやく明らかになったのは、セキュリティー大手クロールが作成したこの犯罪に関する報告書を議会議長がリークした後だった。司法は、腐敗を取り締まるほど強くはない。ガブリッチ氏は首相を辞任する1週間前、検事正に対して、銀行不祥事に対する措置を講じなかった責任を取って辞任するよう求めた。
//speaker of parliament:議会議長
//措置を講じる

“The heist was obviously covered up,” says Francis Malige of the European Bank of Reconstruction and Development (EBRD). The EBRD recently tried to buy a majority stake in Victoriabank, one of the largest remaining private banks, to try to ensure a continued flow of lending to local businesses; the government inexplicably blocked the acquisition.
"この窃盗は明らかに隠蔽されていたのだ”というのは欧州復興開発銀行のフランシス・マリージュだ。欧州復興開発銀行は最近、地元企業への融資を続行させるために、多くの株をモルドバに残る最大民間銀行の一つビクトリア銀行から買おうとした。しかしモルドバ政府は不可解なことにこの買収を妨害した。
* 「今回の窃盗は明らかに隠ぺいされていた」と欧州復興開発銀行(EBRD)のフランシス・マリージュ氏は言う。EBRDは最近、地元企業への融資の継続的な流れを確実なものにしようと、残る大手民間銀行の1つ、ビクトリアバンクの過半数の株式を購入しようとした。議会は、どういうわけかこの買収を阻止した。
//inexplicably:不可解なことに
//majority:過半数、大部分の

Moldova’s fortunes do not need to be so grim, says Alex Kremer of the World Bank’s local office. It has a long border with the EU, and an extremely competitive average monthly wage of just over €200. “This should be a booming export economy,” he says. “If they sort out the governance and corruption, it will be.”
モルドバの資産の行く末はそう暗いものである必要はない、というのは世界銀行モルドバ支社のアレックス・クレーマーだ。モルドバはは、EU諸国と長い国境でつながっており、200€という非常に競争的な平均月給を維持しているからだ。「モルドバはこれから輸出で経済を急成長させていかなければならない」とおかれはいう。「もしモルドバ政府が国の統治と腐敗を正すことができれば、そうなるだろう。」
*モルドバの運命がそれほど暗澹たるものである必要はない、と世界銀行モルドバ事務所のアレックス・クレマー氏は言う。モルドバはEUと長い国境を接しており、平均月給は200ユーロ余りと極めて強い競争力を持っている。「モルドバは好調な輸出経済であるべきだ」とクレマー氏は言う。「ガバナンス(統治)と腐敗の問題を解決すれば、そうなるだろう」