英語マスターへの道は果てしなく遠く

3歳児保育園児持つフルタイムワーキングママ。双子出産しました。ツインズ+3歳児と英語学習の両立は非常に厳しく。

一応英語ブログですが。。。

昨日のエントリで言ったように、ずっと二人目がほしくて不妊治療をしていました。

特に私も旦那にも問題はなかったのですが、できにくい体質らしく、しかも今回は前回の妊娠より3年近くたっている、ということで時間がかかりました。
不妊治療中はかなり精神的に不安定、また、フルタイムの仕事、育児、家事、通院と文字通り多忙でした。
病院もひどいときは毎日通わないといけなく、当然体のサイクルもあるため、予定がたてられなかったり、最悪でした。(因みに、通っていた病院はインタースクール大阪校のすぐそばにあり、病院へ行くたび、悲しいやら、悔しいやら。。いろんな思いをいしました。)

これに比べたら英語の学習は屁でもなく、英検1級にすぐに合格できたのも、治療に比べて1級がどうでもいいレベル、だったからだと思います。
と言っても、これ以上ないくらいの多忙さだったので、勉強時間は激減しています。
不妊治療に比べたら、つまり、自分の意思でなんともできないこと、に比べたら、英語の方は学習すれば伸びるのだから簡単なのです。
高度不妊治療を経て、現在二卵性の双子がいますが、どうなるかはわかりません。心拍は確認できていますが、あまり期待はしないようにしよう、と思っています。
バニシングツイン、と呼ばれる片方が淘汰される、という現象がかなりの確率であるんだろうな、と思っています。
また、彼らが無事に育ったとしても、障害を持ってるかもしれません。初期胎児ドックは行うつもりでいます。
でも今回の妊娠でわかったことは、まだ妊娠できる体である、ということです。これはある意味励みになります。


こちらは英語のブログですが、英語もまじえて、不妊治療がどんなものであるか、どんなに大変か、これから何が大切なのか、つづっていこうと思います。