英語マスターへの道は果てしなく遠く

3歳児保育園児持つフルタイムワーキングママ。双子出産しました。ツインズ+3歳児と英語学習の両立は非常に厳しく。

出所が確かで 、自分が使いたい英語を、なるべくたくさん勉強する

この記事を書こうと思って結局2か月が過ぎてしまいました。

2か月前の9月、自分で始めたTEDのディクテーションについてちょっと考えていました。

自分で決意したことなんですが。

「はたしてTEDのディクテーションは意味あるのか?」

というのもTEDは基本聞いてる人にわかりやすく話しているため、映画やドラマにくらべて簡単である。

という英語学習者や先生がいるからです。

確かに映画やドラマに比べると簡単です。でも早い話者もいるし、簡単だからといって私は次へのステップへの目標90%

の正解率がまだだせない、まずTEDを制してからドラマとかのディクテーションに行くべきでは。。とか

もんもんと考えていました。

すると現在通訳をされてるshiraさんから貴重なアドバイスをいただき、このモヤモヤがふっとびました。

まず、TEDには商談や国際会議に必要な要素はほとんど入っていること。

そして英語の効果的な勉強として、

・出所が確かで

・自分が使いたい英語を

・なるべくたくさん

練習すること。

TEDでも何でも、良質の材料を使って徹底的に取り組めば、クラス人数の多い学校に通うよりも成果が上がる可能性もある。

このような練習を3年もしたら大きな成果が上がると思われる。

以上のようなアドバイスをいただき、やはりTEDのディクテーションは続けることにしました。

もちろんTEDディクだけではないですが。

がんばります。