読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語マスターへの道は果てしなく遠く

3歳児保育園児持つフルタイムワーキングママ。双子出産しました。ツインズ+3歳児と英語学習の両立は非常に厳しく。

MIAの再来・・・

今日はいいことが2つありました。1つ目・・・

実は最近メインのオンラインスクールともめて、といっても私が苦情を申し立てただけなんですが。。。

最近例の黒人の先生が態度をあらため、修正してくれたり、私の希望をとにかくとりいれてくれたり、とだんだん彼女を信頼するようになっていたのですが、一度ぶちぎれることがあり、我慢ならないので、スクールに吠えました。

ということで本日からあたらしい先生とのレッスンになったのですが。。。(正直時間帯が気に入らないのですが、ここは仕方がない。。どうしても子供がいるとレッスンの時間は制約されてしまうので、とにかくランチタイムにうけることになりました。)

コールがきて、しゃべっていたのですが、、、

え、、、これって、、、え、あなた、MIAじゃないの?

声もしゃべり方も、切り返し方も厳しさも一緒なんですが。。。。。何よりしゃべり方が。。そっくりで。

思わず

”誰か兄弟がこのスクールで働いていたりしてなかった?”と聞いてしまいました。

あ、でも、よく声をきくと、MIAよりちょっとsweet!

でも本当にしゃべり方が一緒で、それはきっとどちらもカリフォルニアアクセントだったからかなーとも思うんですが、本当にびっくりしてしまった。

”変な質問して申し訳無い、実は昔ならってた先生にあなたがそっくりで。だから姉妹かと思うくらい”と言い訳しましたが

あまりにこのテンポや口調が似てて懐かしくて泣いてしまった。。。あちらにはばれてないと思うけど(汗

思ったのは、ああ、私はMIAがいなくなってしまったことをかなりショックだと思ってたんだ、やっぱり2年3年ほぼ毎日しゃべってた人が突然いなくなってしまうってこういうことなんだなーと思った。はたからみればただのオンラインレッスンの先生だけど、ほんとによくしてもらって、お世辞かもしれないけど、友達みたいに接してくれてて、いろいろ苦言とか、でもそこまでバカすぎな話はしなかったけど、、、、

とにかく、このあたらしい先生とどうなるかは分からないけど、MIAのレッスンを思い出させてくれてうれしくも、なつかしくも、悲しくもありました。

はーびっくり。。。

2つ目のいいことは、また明日以降。。