英語マスターへの道は果てしなく遠く

3歳児保育園児持つフルタイムワーキングママ。双子出産しました。ツインズ+3歳児と英語学習の両立は非常に厳しく。

ビジネス英会話。緊張する。

さて最近会社で英語を話すことがふえてきました。といっても、外資系企業ではないため、日本人とは日本語です。しゃべるのはskypeでお客さんと。

これがまた緊張する。ほら、ビジネスだから、ぜったい失礼なこといっちゃだめだし、かといって言うこといわないといけないし(金はらえとか)、相手が言ってること、ちゃんとわからないといけない。適当にながす、はだめ。

客はアフリカからオセアニア、ヨーロッパ、北米といろいろです。基本的には英語ですが、英語がうまいと尊敬されます。とくに、ネイティブ級に話せるとね。(私ではなく会長です、これは)

まちがいなく、ヨーロッパの人である程度ビジネスをする人。へんな英語を使うと馬鹿にします。

これは先の会社でもそうだったなー

だから、基本ネイティブのように(英/米)話せるのってここでは大事です。話せなかったり、かけなかったりしたら

”おいおいしっかりしろよ。”

となります。

国内での外国人との交流にはネイティブ級の英語はいらないです。

でも、海外相手に、海外にいるお客さんと実際”ビジネス”となるとね。

基本はネイティブの英語。ライティングもそうです。リーフレットを英語で作る必要がでてきますが。。。グロービッシュがあれですが、それなりのランクの人を相手にするとなると、perfectな英語って求められます。