英語学習奮闘記

4歳児と1歳児双子娘の育児と英語勉強両立。英検1級。

春は会えないのか・・・

今日朝起きると憧れのドイツ人弁理士Cさんから携帯にメールが。。

この春は日本にこれないとのこと。。つぎはこの10月になるとのことでした。

がーーん、ショック。。。。とは思いませんでした。

確かにこの春会えたらうれしかったけど、自分の英語、まだまだ伸びしろありすぎで、やっぱりfluentlyじゃなくて、思ったこととかうまく伝えられないときもあって。

こんな英語じゃ会えない!

あ。ちなみに会話はほぼ英語です。Cさんは日本語を勉強されていますが。。えーと、英語:日本語  7:3くらいです。

Cさんはすっごく憧れの男性なので、めちゃくちゃ緊張するんですよね。

緊張するとあやしい英語が尚いっそう、シドロモドロに・・・

ちなみに、最近新しいリーダーの方もいらっしゃるのでCさんについて。。

Cさんはドイツ在住の弁理士さんで、金髪碧眼、身長180くらい細身のハンサムガイです。

お年は40代。

弁理士さんということもあって当然賢くて、言語に関しては4ヶ国語くらい話せます。

彼はエクスチェンジパートナーだったのですが、実際2回in personで会っていて、友達です。

どーでもいい話ですが、この前、2回目あったときは昨年の秋だったのですが、

梅田の夜景が綺麗なお店で食事しました。!ムフフ。レストランはとってもロマンチックなお店だったんですけどね~私の下手な英語でムードぶち壊しでした。

あ、あとあと、産後7キロもどしたとはいえ私はポチャポチャでした。

このあいだ私の先生miaともしゃべっていたのですが、

彼のおかげで”年をとっても知的な人は魅力的”だと身をもってしることができました。

しかしあんなに素敵な人(ミーハー馬鹿丸出しですが、外見も素敵なのです!)と一緒にご飯食べたり遊べるなんて本当にらっきーなのです。

っていうか、なんというか、よくあんな人が私みたいなオツムの人としゃべってくれるなぁ。。。と。

多分、私が英語勉強してて、おもしろいこと言うから勝手に頭がいいとか勘違いしてくれてるんだと思いますが

実際面白いのは”大阪の血”でして・・・

”大阪ではおもしろいこと言わないと生きていけないんだよ。おもしろいとおいしいんだよ。”

といったらFUNNYとか言って爆笑してました。

...てか、私、本とのこといっただけなんですけどね。

とにかく、とにかく、とにかく、こんな英語じゃ会えない!

もっと精進せねば。

彼のために?いやいや、彼との会話のためにeconomistの精読がんばります。

動機はかなり不純ですが、まぁ、なんというか、医者と結婚したいがために看護婦になるようなもんですが

別にいいもんね。

今度モチベについてはupしますが、このCさんは私の英語に対するモチベをかなりあげてくれた人物なのです。

私の夢の一つはこのCさんと対等に英語で話ができるようになることです、”対等”に。

なんで、英語だけではなく中身も本当にみがかなきゃ、と思ってます。

えへへ、ドキドキ緊張できる相手がいるってとっても贅沢、楽しいです*^▽^*