英語学習奮闘記

4歳児と1歳児双子娘の育児と英語勉強両立。英検1級。

Cさん次は二月ね~

Cさんとの逢瀬から帰ってきました。といっても私も長時間はしんどかったし乳も張ってきて痛く、Cさんも明日の朝、すぐに東京へもどらないといけないため結局17:30から3時間だけのデートとなりました。

10ヶ月ぶりにあうCさんはやっぱり素敵でした。私の出産エピソード、陣痛中に助産師を蹴ってしまったことを話すと笑ってました。またドイツでは、意外にも普通分娩も一般的だそうで、日本と同じく無痛(和痛)分娩も麻酔の量を制限するそうです。つまり、アメリカみたいに、ほぼ痛みが無い、無いに近い無痛分娩ではないそうです。

そして途中で教育の話になりました。

Cさんは子供の教育に、ヨーロッパを理解するために、ヨーロッパの歴史を勉強するのを必須だと考えているそうです。したがって子供さんにはまず、ラテン語。つぎにイタリア語。その次はギリシャ語。を勉強させたそうです。ラテン語をマスターすると、ほかのヨーロッパの言葉はすごく頭に入りやすいそうで、お子さん、フランス語も話せるそうです。

なんかそういう話をしているうちに、息子に対してなんの教育プランももたない自分をちょっと恥ずかしく感じていました。

あと、Cさん曰く、やっぱり語学を習得しようと思ったら話す機会の多さは重要だそうで。。。

やっぱりそうなんだなーと思い、帰ってきてソッコーSにskypeで連絡。1時間半ほどしゃべってもらいました。

次回は来年2月ころまた日本にくるそうで、あと4ヶ月しかないけど、もっと英語がんばろうと思いました。