英語マスターへの道は果てしなく遠く

3歳児保育園児持つフルタイムワーキングママ。双子出産しました。ツインズ+3歳児と英語学習の両立は非常に厳しく。

Uptalk

今日もいつもどおりSとトーク。すこしずつまともに座れるようになってきましたが未だに違和感があります。

SやMIAとのトーク中、息子が泣き出すと、授乳しながらのレッスンになってしまいます(涙

昨日は息子をSに見せながら話をしていたのですが、子供好きなSはとってもよろこんでいました。

昨日覚えた表現

give someone a bath:someoneを風呂に入れる。ex.I gave my son a bath.

make it to 場所:場所につく ex.I make it to Tokyo

street smarts:生きていくうえでの知恵

Pass gas:おならをする ex.He is passing gas.

ところで今日は日本語の”別に”と英語のuptalkについて話していました。

Sが最近なぜか”別に”という表現をよく使うので軽く警告してました。別に、って表現はネガティブなニュアンスが含まれることが多いですよね。それを言うと、”日本人はよく「別に」っていうじゃないか!”と反論するS。

なので

別に

=nothing

=whatever

=I don't have anything to say

という風に説明するとわかってくれました。

そしてuptalkについて。カリフォルニアのおしゃれな女の子達から発生したトレンドで、疑問文じゃないのに文末のイントネーションをあげることをuptalkといいます。下記ビデオがいい例だそうです。これはアメリカでちょっと問題になっているそうです。確かにこんな風にしゃべってるとちょっとアホっぽく思われると思いますが、かわいいな~と思いました。