英語マスターへの道は果てしなく遠く

3歳児保育園児持つフルタイムワーキングママ。双子出産しました。ツインズ+3歳児と英語学習の両立は非常に厳しく。

アメリカの住宅事情

今日も朝一からパートナーとトーク。日本語レッスンではなくしっかりしゃべれました。

今日の最初のお題?は”見栄”でした。

私が”一人産んだら二人目は?って絶対言われるわ・・・”とぼやいたことから始まりました。

アメリカ人は基本的に人に何いわれようが気にしない、とのことで2つのフレーズを教えてもらいました。

butt out!:おせっかいやめて!

Keep up with the Joneses :近所の人や世間に負けないように見栄を張る (ただしこの表現は今はあまり使われないようです。20年前はよくつかわれていたそうです)

そしてその後は家の値段についてぶっちゃけ本音トーク。

彼の家はいわゆる、ちょっとした高級住宅地にあります。そして、その高級住宅地の一般的なおうちの値段を教えてもらいました・・・・

びっくり。。。

私の家より安いんですが・・・・

そして私の家はいわゆるフツーの住宅地です。。。。

私の家はいわゆるマッチ箱です(涙

でも彼らのおうちの1.5倍の値段で買いました。(涙 1.5倍といってもフツーの値段です。

ま、日本がせまいから土地が高くなるのは仕方ないんですけどね。分かってるんですが、あんなに広くてきれいな、庭付きの家がこの値段で買えるとは・・・・アメリカに住みたい。。。

とにかく、激ショック。

彼も私の家の値段を聞いて”HOLY CRAP!”

いや~今日のトピックは本当にたのしかったです。彼が家に来たときはあまりの狭さにビックリしないように釘刺しておきました。