英語マスターへの道は果てしなく遠く

3歳児保育園児持つフルタイムワーキングママ。双子出産しました。ツインズ+3歳児と英語学習の両立は非常に厳しく。

THERE WERE TESTICLES

木曜日夜は20;00から連続3レッスンありました。のどがつかれました。しかも3レッスンの後はMIAと自分のレッスン。連続2時間はキツイ。。。。ていうか気を遣うのがしんどい。毎回テンションあげてるんで。あいまの休憩の5分(といっても大概ちょっと延長してしまうんで3分もありません)はトイレ行ったり、水飲んだり、てんやわんやでした。きったない汗だくの顔を生徒さんにご披露してしまいました。。これを考えると、10コマ位こなしてる先生ってほんとすごいなって思います。っていうか私が無駄に力入りすぎ?

kaoさんがブログで、レッスンの目的をはっきりさせる、というのがよいと仰っていたので、それを今回は意識しました。前回トライアルした初レッスンの女性もいたのでとっても緊張しましたがなんとか無事成功。。(多分)そのあとは出してた宿題が戻ってきたのでちょっと添削したりしてました。

昨日kidsのお母様に10月あたりは出産の為多分休みをとることを言うと、”早く戻ってきてくださいね!”と仰ってもらえたのでうれしかったです。kids曰く”塾の先生より分かりやすい、手放したくない”とのことだったので(ほんまかどうかは知りませんが)これからもがんばらねば、と思っています。今まで教えた経験は家庭教師以外なく、デモレッスンテストは受かったとはいえ、ティーチングスキルには全く自信がないので本当に毎回が手探り、緊張の連続です。だからこそこういう生徒さんの言葉は本当に励みになります。

ちなみに、旦那に”kidsがレッスン数増やしてくれたんだよ”と言うと”物好きな人もいるねんな。せいぜいネコを被っておくように!”の一言でした。

今朝は病院に行く前にSと日本語レッスン。これもティーチングスキルに直結する部分があるはず。その後は病院に行き性別判定。

性別を知りたがっていたSに、”THERE WERE TESTICLES!!!”

多分男の子です。